ダイソーの電動字消しをバラしてわかったモーターの特徴


先日、大人買いした電動字消し
早速バラしてリバースエンジニアリングしてみました。
マブチの130モーターとの違いを見つけたので結果をまとめます。

image

先ずは開封して
電池の入れ方確認

先端のケースがロックになっていて
回すと外れて

image

ケースがパカッと割ることができます。

割った状態はこんな感じ

image

モーターも取り外してみた。

image

なるほどモーターをボディアースにしてるのか?
なるほどこれなら
部品点数が減っていいよなと
思いながらよく見ると違う

image

ボディプラス!
逆転の発想だ
いつもながら百均エンジニア
の手の抜き方の徹底ぶりには
脱帽です。

モーターをよく見ると
配線端子に仕掛けがありました。

image

右側の配線端子 ケースと導通できるものになっている

精度を求めると疑問が残る構造だが
そこそこの性能であれば問題ない
あとは解釈の問題で
外側をしっかり絶縁できていればいい
って考えなのだろう。

ちなみに手元にあった
タミヤのギヤボックスについてた
モーターと比較してみた。

image

左がタミヤのモーター
右がダイソーモーター

タミヤの配線端子は、左右独立型だが
ダイソーモーターは、片側は、独立
1つはケースと導通している。

せっかくのこの機構上手く使いたいものです。

lirevo のプロフィール写真

lirevo の紹介

ものづくりの末端で働いてます。 理不尽なこと無理難題の要求、数々あります。 その要求に答えるため多くのチャレンジをしてます。 そこでの気付きを書いていきます。
カテゴリー: 100円ロボット部, ものづくり タグ: パーマリンク

コメントを残す