新潟市西蒲区越前浜で塩田からの塩作りしてきました。


新潟市西蒲区にあります越前浜で
夢育塾が主催する
塩作りに参加して来ました。

やった事を順にまとめます。

塩田作り 

まずは塩田を作る
越前浜に行ったらすでに
場所を確保して塩田エリアが
波打ち際にできてました。

まずはトンボで塩田に波模様をつけます。

表面積を増やして海水を乾かしやすくする為だそうです。

波模様ができたら
海水をかけます

海に入って海水をバケツに汲み
塩田まで運びまく作業を交代で
何倍もかけました。

あとは乾くまで待ちます。

ごみ拾い&流木拾い 

塩田が乾くまではワークショップ
まずは海岸に漂着したごみ拾いと

ワークショップで使う流木拾い

流木といっしょに
クルミも漂着してました。

ひと回りしたら
ワークショップ開始

私は参加せず
ばうわうさんで
味噌作りのブログ書いてました。

濃縮海水を作り 

ばうわうさんでお昼を食べてから
塩田に戻り
表面の砂をトンボで集めて
集めた砂はマスの中に詰めて

上から海水をかけて
濃縮液を採取しました。

底には、むしろと麻をひいて
フィルターにしてたので
砂やゴミは流れてきませんでした。

みんなかわるがわるに
海水と濃縮液とを舐め比べ
皆さん濃縮液を舐めたとき
しょっぱい、しょっぱいと

濃縮液を釜で煮めます。 

最後の工程は、
濃縮液を大釜で煮詰めます

2時間くらい煮立て塩が出てきました
にがりを別に取るため
少し液体が残るところで
煮立てるのをやめて
塩とにがりを分けました。

出来上がった塩がこちら

思ったよりも大量に取れました。
取れた塩は参加者の皆さんで持ち帰りました。

参加して思った事

今回、昔ながらの手法で塩を採取して
先人の知恵、自然の力を改めて知ることができました。

あとは、クリーン作戦ゴミ袋があるのを知りました。

新潟市も専用ゴミ袋でゴミ出ししなければなりませんが
それとは違うゴミ袋
新潟市もなかなかやるやん
地域団体と連携しやすくなってる!

この週末は土曜日は味噌
日曜日は塩を作り
昔の人の多動力を満喫できました。

lirevo のプロフィール写真

lirevo の紹介

ものづくりの末端で働いてます。 理不尽なこと無理難題の要求、数々あります。 その要求に答えるため多くのチャレンジをしてます。 そこでの気付きを書いていきます。
カテゴリー: ものづくり, 新潟 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す